<< ウィーンのカフェ「NEKO」 | main | inspiron mini 12 に ubuntu 12.04 >>
2012.09.27 Thursday

芸術、感動の共有

芸術は不可解なときが多いです。

ピカソが自転車のハンドルとサドルを見たときに牛の頭を想像したそうです。

その牛が喧噪の中で闘牛士に突進していった牛か、カタロニアの田園風景の中で反すうしていたのかボクにはわからないけど、できあがった牛の頭を見ると、真っ直ぐこちらを見つめる逞しい牛に見えます。
http://vr.theatre.ntu.edu.tw/fineart/chap12/12-01-07.jpg


「ある日、ぼくはサドルとハンドルを手にするとそれを重ねて雄牛の頭をこしらえる。上出来だ。でもその直後、雄牛の頭を投げ捨てなければならなくなったとする。通りか溝か、場所はともかくそれを放り出さなければならない。その時、行員が通りがかって、それを拾い、この牛の頭を使えば自転車のサドルとハンドルが作れそうだと思う。そんなことになればすばらしいだろうな。これこそ変身の力だ。」

このピカソの言葉は、思いの共有、感動の想起を語ったのだと思います。

だから 「ハンドルとサドルであることが認識されないと、この彫刻は面白みのないものになってしまう」 と言ったのだと思います。



マチスが弟子の作品中の赤い色を見て「赤を描くならもっと綺麗な赤を」と言った言葉も理解の助けになります。

グーグル画像検索⇒マチス



アンディ・ウォーホールが日本に来たときに『イマ人を刺激する』と題して、右肩にテレビのテストパターン(カラーバー)を持ちながら「アカ、ミドリ、アオ、グンジョウイロ…キレイ」と言ったのも有名です。
http://24.media.tumblr.com/tumblr_kvteqqP0Kc1qaajkio1_500.gif


画像はグーグル画像検索からリンクして表示してますから元画像がサーバーから消えたら表示されなくなります。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Recommend
Recommend
熊野 神と仏
熊野 神と仏 (JUGEMレビュー »)
植島啓司 九鬼家隆 田中利典
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode