<< インターネットFAX | main | 末端からbinファイルのインストール >>
2014.01.13 Monday

アンチウィルスソフト

今やウィンドウズパソコンを使う人でアンチウイルスソフトを入れていない人は居ないだろうと思います。

アンチウィルスソフトが現れてからこれまで有料無料の様々なものを使い続けてきました。グーグル先生の情報をかき集めて、今のところavastの無料版を使ってますが、数年前はAVG無料版でした。


あえて無料版を使う理由は、ウィンドウズ以前のDOSの頃から様々な業務ソフトを使い続けた経験から、有料ソフトよりも無料ソフトの方が動作が軽くシステムにも悪影響が少ないと感じているからです。

有料のソフトは、多くの機能を装備し、それを動かすためにシステムの奥深くまで根を張ります。普通にアンインストールしてもゴミが残ったり、システムが不安定になることが多かったのです。

今では有料ソフトで使い続けているのはBecky!メールソフトと秀丸エディターぐらいで、あとはフリーの業務ソフトばかりです。


特にアンチウィルスソフトはメモリに常駐しバックグラウンドで動き続けるので、メモリーを圧迫して動きも重くなります。非力なパソコンの時はウィンドウズがフリーズしてしまうこともよくありました。

一通りのアンチウィルスソフトを使った結果思い知ったことは、有料ソフトの動きの重さと、多くの機能の設定が複雑でわかりにくいことでした。アンチウィルスソフトは何を使ってもウィルス検知は誤差の範囲での動作のようですから、不正アクセス防止にルーターをかませて、ちゃんと気をつけて使えば無料のアンチウイルスソフトの方が安定している分、安全なのではないかというのが本音です。


余談ですが、ウィンドウズパソコンをアンチウィルスやシールドなどから解放すると、明らかに動作が軽くなります。
非力なパソコンの基本ソフトをウィンドウズではなくLinuxにすれば、アンチウイルスが無くても安定して動き続けます。
Linuxの多くの種類でデスクトップ環境がウィンドウズ並に整備されているUbuntuは、ウィンドウズと同じように使いやすい分、動きが重いことが知られてます。
仕事で様々な処理が必要でなければ、Ubuntuを軽装備のLXDEデスクトップで使えば快適です。
完全無料です。セキュリティも安心で何よりも軽快です。



実は、今朝avastがイキナリ必要なファイルを消してしまいました。復旧したのですが、ちょっと戸惑いました。それで次回のために復旧方法の備忘録を残そうと思い、テキストを打ち込み始めたのですが、長くなってしまったので次回にします。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Recommend
Recommend
熊野 神と仏
熊野 神と仏 (JUGEMレビュー »)
植島啓司 九鬼家隆 田中利典
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode