<< アクアリウム | main | スマホ注文 >>
2014.01.20 Monday

Ubuntuで音楽CDリッパー

音楽CDの時代は終わったと感じてます。
これからの何年間かはデジタルの音楽データ利用の時代でしょう。

Ubuntu-PCを使っての音楽CDデータ吸いだしとMP3への変換です。

XPのサポートが終了してから仕事用のPCは窓's 8.1 の64ビット版、出張時はSONY製小型PC:VAIO Pの窓's 7 を使っています。

窓's XP が使えた頃は[CD2WAV32]とエンコーダ[午後のこ〜だ]の組み合わせで音楽CDから吸い出しと同時にMP3変換という便利な方法でした。

将来のことを考えると、このままMS窓's製品を使いつづけるとストレスばかりで大変です。
すべてのことをLinuxで処理できれば助かるのですが、動かないデバイスもまだ多く、使い勝手のよい業務ソフトも試しつづけ、将来はLinuxへ完全移行できればと願ってます。

さて、遊び用に使っているUbuntu-PCを使って音楽CDからデータを吸い出し、MP3へ圧縮します。

・本体:Asunder
・必須MP3エンジン:LAME

Ubuntuソフトウェアから導入。
画面内下方のお勧めアドオンに「MP3 encoding library(frontend)(lame)」があるので一緒に導入。

コマンドから導入の場合
sudo apt-get install asunder
sudo apt-get install lame libmp3lame0

lameについては以下
http://wiki.audacityteam.org/index.php?title=Lame_Installation#GNU.2FLinux.2FUnix_instructions

吸い出しソフトのasunderは曲データがネット内に見つかれば取り込んでくれます。
mp3 への圧縮エンジントの lame は、ビットレート圧縮率の設定が可能で、可変ビットレートも選べます。
以上、音楽CDから吸い出しと同時にMP3圧縮。


◆非力なPCでは途中で固まるので、結局、以下の二段階で処理。

1)音楽CDからWAVデータをPCへ吸い出し保存。
2)それから、そのWAVファイルをMP3へ圧縮。

1)CDROMドライブをUSBでPCに接続し、
音楽CDを入れたときに立ち上がるポップアップから
「ファイルマネージャで開く」を選ぶと
音楽CD内のWAVデータが表示されるので、それをPC内にコピー。

2)WAVデータのMP3への圧縮は以下ソフト使用:

sudo apt-get install soundconverter



一応、導入で不必要なゴミが残ったのを掃除しておきます。
sudo apt-get autoremove
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Recommend
Recommend
熊野 神と仏
熊野 神と仏 (JUGEMレビュー »)
植島啓司 九鬼家隆 田中利典
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode